格安航空でのチケット購入はコストパフォーマンスが良く、上手な航空券の買い方でもあります。
しかし安さばかりを選んでしまったあとに後から余計に追加料金が発生してしまうトラップもあります。
では、どのような事に注意をしながら格安航空券を購入すればいいのでしょうか?

【安さをアピールしている航空券】

LCCなどでは同じ便を購入する時でも3段階くらいなどにクラスが分れており、安いものから普通、少し高いものから選べるようになっています。
旅費を出来るだけ抑えたい!と思っている人はもちろん一番安いクラスを選ぶと思いますが、そこで注意が必要になってきます。

【格安チケット購入時の注意点】

同じ便の航空チケットなのにどうして値段に差が出るのか不思議ですよね?
結局は同じ飛行機に乗って、同じ場所へ移動するのになぜ、値段が違ってくるのか!?という事を頭に入れなければいけません。

同じ便のチケットで安いクラスと高いクラスを比較してみるとその答えが分かります。

高いクラスのチケットでは、予約の変更やフライトをキャンセルするときには料金がかからない!などの特典があります。
しかし安いチケットでは予約変更、キャンセル時には手数料が発生してしまうというトラップがあります。

また預け荷物許容量なども違ってきます。
高いクラスのチケットでは、25キロが無料だったとしても、安いクラスでは料金が追加で必要になる事が多いのです。

機内食なども高いクラスでは既に料金に含まれているのですが、安いクラスを購入している場合では、機内で金を支払って機内食を注文するという事になります。

【一番得するクラスのチケットを買おう】

このように安いクラスのチケットを購入したから、後からどんどんと追加料金が発生してしまうというケースもあります。
その点をしっかりと確認した上で、どのクラスを選択したら一番得になるのか?という事を考慮して購入するようにしましょう。

関連する記事