旅行をたくさんしたい人や、出張が多いビジネスマンは飛行機を乗る機会がとても多いと思います。
では、格安航空券を購入するメリット・デメリットを考えてみましょう。

【格安航空会社のメリット】

格安航空券では国内線・国際線でもとびっきりの値段で飛行機の予約が出来るという事です。
キャンペーンを行う春秋航空では時には国内線片道約1000円以下で発売をする事もあります。
そして、国際線であっても便は限られていますが、片道約4000円以下で発売をしています。
このように各航空会社はとにかく安くで航空チケットが購入出来るというメリットがあります。
他の大手航空会社と比べても半額、またはそれ以下で飛行機に乗る事が出来るので、コストパフォーマンスは素晴らしいものです。

インターネットでも簡単に手配出来るという点や、ホテルやレンタカーと一緒に予約をすればさらにお得になるというメリットもあります。

【格安航空会社のデメリット】

格安航空券の多くは予約の変更やキャンセルには料金が発生してしまうという点です。
また、安いチケットほど機内持ち込み荷物だけしか受け付けてもらえないという事や、機内持ち込みも5キロ〜10キロまでと少ないのです。
持ちこむバッグの大きさも決まりがあるので荷物が多い時の旅行には向いていない事があります。
もちろん預ける事も出来るのですがその旅に料金が発生してしまうというデメリットがあります。

チェックインなどの時間にもとても厳しい航空会社などもあり、1分でもチェックインの時間に遅れてしまうと搭乗を一切拒否されてしまうというデメリットもあります。

【航空券購入時には注意を払おう】

このように格安航空会社を利用する時には注意点は必要ではありますが、理解した上で購入をするととてもよいメリットの多い航空券となります。
注意事項をしっかりと読み、守ってこそ、費用を抑えた空の旅が出来るのではないでしょうか。

関連する記事