飛行機で旅行をする場合、今ではLCCと呼ばれている航空会社と、昔ながらの大手航空会社と2つから選ぶというスタイルになっています。
この2つは料金も含め大きな違いがあるのですが、どのような違いなのでしょうか?

【大手航空会社とLCCの違いとは?】

大きくは料金という違いがあり、大手会社では成田から関空でも片道1万円は越えるところ、LCCのキャンペーンなどでは片道1000円以下で予約が出来る時もあります。
これは本当に大きな違いでもあり、だからこそLCCが人気を集め出しているという証拠にもなります。

しかし安さだけが全てではない!と考える人達も多く、サービス内容などを比較し、どちらの航空会社を選ぶのかを決めている人も多いのです。

また大手航空会社とLCCだけではなく、個々の航空会社独自のサービスなどにも注目していくとどのような航空会社が人気なのかが分かります。

【広々したスクリーン付きシート】

飛行機の旅はやはり乗り心地を重視している人も多く、広々したシートは外せない!と考える人も多くいます。
フライトの時間でも変わってきますが、長くなればやっぱり座りやすいシートには重視したいものです。

そして長時間のフライトでは映画なども堪能したいですよね?
大手航空会社ではこのようなサービスが充実しているので、人気はあるようです。

しかし今ではLCCでもシートをより心地よいものに変えていく方針もありつつあります。
また、スクリーンはなくても有料でWiFi接続が出来るフライトもあり、そこからアクセスをすれば映画が見れるようにもなっています。

【快適な空の旅を提供してくれる航空会社】

大手航空会社でもLCCでもそれぞれ工夫をしながら出来るだけ空の旅を快適に出来るような努力をしているようです。
それらも含め、航空チケットを購入する際には比較をして決めてみるといいかもしれませんね。

関連する記事